×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レインブーツはいつから出来た?

レインブーツ。私が子供のころは、レインブーツなんて言葉はありませんでした。『長靴』、そんな風に呼んでいたと思います。当時はせいぜい可愛いものでも、単色のピンクとか赤ぐらいの長靴、もといレインブーツぐらいしか無かったように思います。
しかし、今ではレインブーツという名にピッタリのオシャレなモノが沢山出ています。可愛い柄や、可愛いワンポイントのアクセサリーをあしらったレインブーツが、女性の心を鷲づかみにしているのです。

powerd by 楽市360

レインブーツと言えば、ハンター(hunter)

レインブーツでハンター(hunter)と言うブランドを知っていますか?なんと、ハンターのレインブーツは英国王室御用達なんです。イタリアにはRATON、フランスにはumoがあるようにイギリスではハンター(hunter)があるのです。
ハンターのレインブーツは今年で発売50周年。変わらない高い人気があるからこそですね。ハンターのレインブーツは、細身で丈が長く、シルエットが美しい、スコットランドの伝統的なレインブーツです。また、ハンターのレインブーツはそのかわいらしさから『WELLY』という愛称で親しまれています。
最近はオリジナル性に富んだ可愛いデザインのレインブーツがよく見かけられますが、ハンターのレインブーツはシックな感じのもの多く、物によっては昔ながらの「長靴」みたいに感じるものもあります。
それでも、やっぱり違うのがハンターのレインブーツで、今では世界を代表するスーパーモデルさんにも履かれていて、その写真を見るととても「格好いい」んですよね。

レインブーツなら、エミリオ・プッチ

レインブーツと言えば、必ず出てくるブランドがありますね。そうです、イタリアのエミリオ・プッチです。勿論、エミリオ・プッチはレインブーツ以外にも商品を出しているのですが、特にレインブーツに関しては人気が高く、日本ではエミリオ・プッチの代名詞がレインブーツになってしまっている程なのです。
エミリオ・プッチで有名なのが、抽象的とも幾何学的とも言われている、その独特のデザインにあります。日本では『プッチ柄』と呼ばれているそうです。そんなプッチ柄をふんだんに使った、エミリオ・プッチのレインブーツを紹介したいと思います。
それは青いプッチ柄を用いていて、膝まであるレインブーツです。青さが落ち着いた感じを出しつつも、プッチ柄がオシャレ感をしっかり演出している、大人系可愛いファッションのレインブーツと言えるでしょう。雨の日に、憧れのお姉さんに是非、履いてもらいたいレインブーツと言えるでしょう。
そんなレインブーツに興味を持たれた方は、是非こちらのホームページを御覧下さいませ。

powerd by 楽市360